デルベとは

〜フィレンツェから香りの歴史が、ここに蘇る〜

花の女神が住む都・フィレンツェから。

Firenzeルネサンス発祥の地、イタリア・フィレンツェ。
ローマ神話に登場する花の女神フローラの町として「フロレンティア」と名付けられたことを語源とする、美しい州都です。
芸術と文化が根づくこのフィレンツェから、心を癒し、体の美を追求する『Derbe』(デルベ)が誕生しました。

ルネサンス伝統のハーブ処方集を受け継ぐ、ナチュラルなボディケア・コレクションが誕生。

中世ルネサンス期に栄えたメディチ家の時代、フィレンツェの伝統ある薬草組合「スペツィアーリ・フィオレンティーニ」は最盛期を迎えました。
中世イタリアのハーブレシピそして1533年、メディチ家のカテリーナ・デ・メディチとフランス王アンリ2世の婚礼の際、薬草組合のレナード・ビアンコが新婦に同伴したことを通じて、フランスに香水と芸術が紹介されたと言われています。
この由緒正しき薬草組合の名前を引き継ぎ、中世イタリアのハーブレシピを紐解いて生まれたシリーズが『Derbe』の「Speziali Fiorentini」(スペツィアーリ・フィオレンティーニ)。
花の都フィレンツェから、伝統技術と自然の恵みを受けたボディケアブランドを世界各国へと発信しています。

フィレンツェから世界各国へ・・・。『Derbe』が女性の美を叶える。

Mauro Cresci前身となる父の製薬会社を継いだ『Derbe』社の社長マウロ・クレッシは、ある日、フィレンツェ伝統の薬草連合「スペツィアーリ・フィオレンティーニ」の薬草処方集に出会いました。そこには、当時使われていた薬草の種類、処方、効果などが書き込まれており、彼は大きな感銘を受けました。
そこからハーブを活かしたナチュラルなボディケア&ヘアケア製品の開発に着手し、ついに1965年、フィレンツェの伝統を受け継ぐ、現代女性の美を叶えるハーブ化粧品メーカーとして『Derbe』が誕生しました。
Derbe社工場風景現在、『Derbe』ブランドは、イタリア国内2000店舗の薬局や薬草専門販売店などで取り扱われています。また、イギリス、フランス、オーストラリア、アメリカなど世界14ヶ国にも輸出され、ドイツでは美容サロンのプロフェッショナル・ブランドとしても愛用されています。

Derbe

オンラインストア

Copyright (C) 2009 Derbe All rights reserved.